三重県で活躍する支援型法律家(行政書士)

合同会社と株式会社の比較

  • HOME »
  • 合同会社と株式会社の比較

合同会社と株式会社の比較

合同会社は、株式会社と比較すると設立費用が安い。

合同会社は株式会社同様に定款を作成する必要はありますが、公証人の認証が不要です。
設立費用をまとめてみました。

 

株式会社 合同会社
定款印紙代(電子申請なら0円) 40,000円 40,000円
定款認証手数料 50,000円 0円
定款謄本代金 約2,000円 0円
登録免許税(最低額) 150,000円 60,000円
合計 約242,000円 約100,000円

 

合同会社には決算公告の必要性がない。

株式会社には、毎決算期ごとに決算書(貸借対照表)を公告することが義務付けられています。会社で定めた公告方法(官報やインターネット等)で公告する必要があります。
この公告義務が合同会社には無いため、その負担がありません。

合同会社の知名度が低い。

新会社法の成立とともに誕生した「合同会社」であるので、まだまだ歴史が浅くその知名度や信用度が株式会社に比べると低いのが現状です。

意思決定の対立が会社運営に影響がある。

株式会社の場合、出資した額に応じて株主としての議決権が与えられます。ところが、合同会社は出資額に関わらず議決権は一人一票です。そして、合同会社の重要な意思決定は社員全員の同意が必要なのが原則です。複数社員がいる場合に意見が割れてしまうと会社運営に大きな影響を与えてしまう可能性があります。

PAGETOP
Copyright © 行政書士 西川事務所 All Rights Reserved.