三重県で活躍する支援型法律家(行政書士)

車庫証明書について

  • HOME »
  • 車庫証明書について

車庫証明書

車庫証明

車庫証明書とは、自動車の保管場所を確保されていることを証明する書面です。
車庫証明書の交付を受けるためには、車庫として登録しようとする場所を管轄する警察署へ申請する必要があります。

車庫証明書は、自動車を購入して登録をしようとする場合(軽自動車は車庫証明書が必要でない地域もあります)や住所変更を行う場合に必要です。

車庫証明書に必要な書類(三重県の場合)

1.保管場所使用承諾証明書または保管場所使用権限疎明書面(自認書) どちらか一方

自認書→申請書(車両名義)と土地所有者が単独で同一人物の場合

承諾書→申請書(車両名義)と土地所有者が別又は土地所有者が共有の場合
(親子・家族の場合はこちら)

2.自動車保管場所証明申請書(4枚複写)
車名、形式、車台番号、自動車の大きさ
→ 車検証記載のとおり記入してください。
自動車の本拠の位置
→ 使用者の住所を記入してください。(離島の場合は、駐車場の住所と同じになります。
自動車の保管場所の位置
→ 駐車場の住所を記入してください。

3.保管場所の所在図・配置図
所在図
→ 住宅地図等を添付してもOKですし、地図を記入してもらってもいいです。
配置図
→ 駐車場の図面を記載してください。
必要な寸法は、①駐車枠の縦・横
②出入口の間口
③出た道路の幅

車庫証明書説明1

車庫証明書説明2

<車庫証明書申請での注意事項>

・自動車の使用の本拠の位置から保管場所までが(地図上での直線距離が)2キロ以内であること。
・保管場所は、出入口が支障なく道路へ出入りできること。自動車全体が収まること。
・自動車の保管者が、自動車の保管場所として使用できる権利を有すること。
行政書士西川事務所では、三重県内の津市、松阪市、伊勢市、鳥羽市、志摩市地域での車庫証明書申請を行っております。
他の地域については、別途ご相談させていただいております。

PAGETOP
Copyright © 行政書士 西川事務所 All Rights Reserved.