遺言が必要だと思われるケース

①夫婦の間に⼦どもがおらず、他に兄弟姉妹がいる。
②内縁関係(事実婚)の状態が⻑い。
③息⼦の妻(嫁)や娘の夫(婿)に財産を残したい。
④再婚しており、先妻の⼦と後妻の⼦がいる。
⑤認知していない⼦どもがいる。
⑥配偶者が先⽴っており、未成年の⼦供や障害をかかえた⼦供がいて、その⼦の将来が不安。
⑦個⼈事業主や会社経営者をされていて、事業を承継したい⼈がいる。
⑧⼤きな資産として持ち家が1軒ある程度である。
⑨相続⼈以外の第三者(お世話になった⽅)や公益団体に寄付したい。
⑩⼦供達の仲があまりよくない。
⑪⾏⽅不明の⼦どもがいる。
⑫ペットを飼っている。
⑬独⾝である。