三重県で活躍する支援型法律家(行政書士)

MG(マネージメントゲーム)

  • HOME »
  • MG(マネージメントゲーム)

MG(マネージメントゲーム)

西川司法書士事務所では、企業運営のコンサルタント業務の一環として、MG(マネージメントゲーム)を取り入れています。
MG(マネージメントゲーム)を体験していただくことで、経営者様や従業員様達に企業運営の流れを再認識していただき、強い企業への発展をコンサルさせていただきます。

MG(マネージメントゲーム)とは

昭和51年に西順一郎氏がソニーCDI(旧株式会社キャリア・デベロプメント・インタナショナル)で開発された経営教育ツールです。このMG(マネージメントゲーム)は多くの方々が子どもの頃から体験されたことがあるボードゲームの「人生ゲーム」や「モノポリー」などで使われるミニチュアに似たパーツなどを使い、ゲームの中で参加者一人一人が企業の社長となり、現実の経営と同じプロセスでMG(マネージメントゲーム)

【戦略立案】→
【実行(意思決定)】→
【決算】→
【来期の経営計画】
と進み、

経営の何たるかを学ぶ研修です。

MG(マネージメントゲーム)体験のメリット

「企業とは何か?」「経営とは何か?」「利益とは何か?」という企業経営の基礎をMG(マネージメントゲーム)を通じて楽しく体感し、学んでいただきます。

MGでリスク管理を学ぶ

MG(マネージメントゲーム)を繰り返し体験することで、経営者・企業人として持つべき、科学・思想・戦略眼・大局観・人間学などが自然に身につきます。

MG(マネージメントゲーム)研修に参加することで、経営者の方は、経営者の本来の仕事である「意思決定」を学ぶことができます。
経営者の中には、仕事と作業を一緒にして考えてらっしゃる方もいらっしゃいます。(もちろん一人で経営されている方は一人で仕事と作業を同時にする必要がありますが)経営者の仕事の意思決定とはどういうことかをMGを通じて学んでいただけると思います。また戦略MG会計を学ぶことで「この先どうするのか?」を考えることができますし、未来が見えます。

MGで企業人としての意志決定を学ぶ

従業員が参加することで、MGでは一人一人が経営者となってゲームを進めていきます。ですので、MGを通じて経営者の立場を理解することもできますし、実際に決算もしますので、何度も繰り返していくうちに、利益構造についても理解できるものと考えています。また、一人一人が経営者となってゲームを進めていきますので、全ての事を自分で行う必要がでてきます。自然と自主性並びに考える習慣が身についてきます。

そして、経営者と従業員の間にMG(マネージメントゲーム)の中にでてくる要素法「P(価格)、V(原価)、Q(個数)、F(固定費)、G(利益)、M(粗利)」で意思疎通を図ることができるようになれば、経営者と従業員とのコミュニケーションを深めることに役立つと思います、共通の認識があれば経営者と従業員との間で現状を共有することも可能になり、全員経営を目指すことが可能です。

PAGETOP
Copyright © 行政書士 西川事務所 All Rights Reserved.